1. TOP
  2. 肩こりに効く薬やサプリ【口コミ、効果順のランキングまとめました】

肩こりに効く薬やサプリ【口コミ、効果順のランキングまとめました】



ネットでよくみる肩こりに効く薬やサプリって

  • ホントに肩こりが楽になるの?
  • 腰痛や膝の痛みにも効果ある?
  • 妊娠中に飲んでもいいの?
  • 1日何回飲めばいいの?
  • 副作用はないの?

なんて気になりますよね。

ということで、このページでは

肩こりに効く薬やサプリの口コミや効果、おすすめランキング

について詳しくまとめました!

どこか参考になれば嬉しいです!




肩こりに効く薬やサプリおすすめ1位は「リョウシンJV錠」

【リョウシンJV錠の口コミ】本当は効果ない!?

  • 関節痛・神経痛に効く6つの有効成分配合
  • 効果・効能が認められた医薬品
  • テレビ通販でおなじみの富山常備薬グループが開発・販売
  • 1日1回の服用でOK
  • 初回半額

おすすめの理由!
慢性的な肩こりにお悩みなら、効果効能が認められた第3類医薬品の「リョウシンJV錠」を試してみてはいかがでしょうか?

リョウシンJV錠は、6種の有効成分が、身体の内側からツライ痛みに働きかけてくれます。

関節痛や神経痛を緩和する成分のシアノコバラミン(ビタミンB12)・ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)・ガンマーオリザノールは、それぞれ1日に摂取できる最大量を配合。

加えて、血流を促進してくれるトコフェロール酢酸エステル(ビタミンE)や、疲れた身体に栄養を与えてくれるフルスルチアミン塩酸塩(ビタミンB1誘導体)・パントテン酸カルシウムも配合されています。

だから肩こりの解消はもちろん、腰痛・膝痛・五十肩・筋肉痛・眼精疲労などの緩和や、病中病後・妊娠授乳期の栄養補給などにも有効なんです。

さらに、リョウシンJV錠をおススメしたいポイントとしては、飲み忘れがないように、1日1回の服用でOKなことや、良心的な価格であること。

毎日継続することでじっくり作用してくれるお薬なので、飲みやすさや続けやすさを考えて、作られているのが嬉しいですね。

  • 今だけのキャンペーン:初回1900円(税抜)+送料、2回目以降3800円(税抜)+送料

shosai
kousiki




肩こりに効く薬やサプリおすすめ2位は「グルコンEX錠プラス」


  • シリーズ累計505万個突破
  • 関節痛・神経痛に飲んで効く第3類医薬品
  • 関節軟骨に存在する成分・コンドロイチンを900mg配合
  • 専任のスタッフ&薬剤師が悩みや不安をサポート
  • 定期初回50%オフ

おすすめの理由!
関節痛の原因となる「軟骨の摩耗」へのアプローチと、ビタミンのWパワーで、肩こりを和らげてくれるのが、日本薬師堂の医薬品「グルコンEX錠プラス」の特徴。

加齢などにより、関節の軟骨がすり減ってしまうと、骨と骨が直接ぶつかり、痛みがでてしまいます。

一度すり減ってしまった軟骨は、何もせずに元通りになることはないので、痛みがひどくなる前に積極的に対策するのがおススメ。

グルコンEX錠プラスの主成分・コンドロイチン硫酸エステルナトリウムは、軟骨に弾力性や保水性を与え、すり減ってしまった軟骨の再生を促し、健康的な状態に保ってくれます。

さらに3種のビタミン類が、神経や筋肉の新陳代謝を促し、血液循環を改善することで、痛みにしっかりと働きかけてくれます。

公式サイトなら購入前でも後でも、専任のスタッフや薬剤師に相談できるので、ネットで医薬品を買うのはちょっと心配…という方でも、安心して利用することができますね。

  • 今だけのキャンペーン:定期初回3580円(税込)送料無料、2回目以降6458円(税込)送料無料

shosai
kousiki



肩こりに効く薬やサプリおすすめ3位は「ステラ漢方のグルコサミン」



  • 4種の贅沢成分が「補う・和らげる・鍛える」
  • 軟膏成分のN-アセチルグルコサミン・プロテオグリカン配合
  • 安心の無添加・国内生産
  • 30日間返金保証

おすすめの理由!
「ステラ漢方のグルコサミン」は、軟骨の元になるN-アセチルグルコサミン・プロテオグリカンに、痛みを和らげるオオイタドリと、活力の源になるトゲドコロを配合したサプリメント。

軟骨成分とサポート成分を同時に補うことで、肩こりや腰痛、膝の痛みなどを和らげ、健康的な毎日を送る手助けをしてくれます。

特に主成分のN-アセチルグルコサミンは、私たちの体内に存在するグルコサミンと同じ型のものを使用しているので、一般的に出回っているグルコサミンに比べると、3倍も多く吸収できるそうです。

医薬品と比べると、効果を実感するまでにはちょっと時間がかかるかもしれませんが、気軽に始められるのがサプリの良い点ですね。

肩こりは気になるけど薬を飲むほどでは…なんてときには、ステラ漢方のグルコサミンをおススメします。

  • 今だけのキャンペーン:定期初回(2袋)1960円(税込)送料無料、2回目以降5638円(税抜)+送料

shosai
kousiki




私イチオシ肩こりに効く薬やサプリは人気急上昇中の「リョウシンJV錠」

【リョウシンJV錠の口コミ】本当は効果ない!?

イチオシはやっぱり人気の「リョウシンJV錠」

私イチオシの肩こりに効く薬やサプリは「リョウシンJV錠」です!

なんだかんだ言っても、

  • 医薬品有効成分の配合量
  • 飲みやすさ・続けやすさにこだわった点

などを総合すると、ダンゼンおすすめですね。

肩こりや肩周辺の痛みは、「筋肉の硬直」「血行不良」「関節の老化」などが原因となっておこります。

そのうえ、痛い部分をかばったまま生活していると、他の部位にまで痛みが生じてしまうという悪循環に。

鎮痛剤は、一時的な痛みを鎮めるのには有効ですが、根本的な解決にはなりません。

対して「リョウシンJV錠」は、関節痛・神経痛を緩和する作用と、滞った血流を促進し、疲れた身体に栄養を補給する成分の働きで、痛みの原因を根本から解消してくれるもの。

しかも、6種の有効成分のうち、シアノコバラミン・ピリドキシン塩酸塩・ガンマーオリザノール・フルスルチアミン塩酸塩4種は、1日に摂取できる最大量を配合。

有効性が認められた医薬品ですから、大きな効果が期待できますね。

今なら、

初回半額

なので、とりあえず一度試してみてはどうでしょうか?

shosai
kousiki




肩こりに効く薬やサプリって、どんなタイプがおすすめなの?


痛みの程度や症状によって、使い分けるとよいでしょう。

肩こりに効く薬やサプリには、さまざまなタイプがありますので、痛みの程度や症状によって、使い分けるとよいでしょう。

慢性的な症状には、ビタミン類が含まれたタイプの医薬品がおススメ。

肩こりに有効といわれるビタミンB1・B6・B12は、体内には貯めておけず、日々体外へと排出されてしまうため、毎日定期的に服用することが大切です。

また、コンドロイチンやグルコサミンが配合されたサプリなども、関節の痛みに、穏やかに作用してくれるでしょう。

対して、急性的な痛みには、解熱鎮痛剤や筋弛緩薬が効果的です。

これらの飲み薬は、湿布薬や塗り薬と併用して使うこともできますので、上手にとりいれてくださいね。



肩こりに効く薬やサプリって、肩こり以外にも効果ある?


関節痛全般・神経痛・筋肉痛・手足のしびれ・眼精疲労などにも効果が期待できます。

含まれる配合成分によって違いはありますが、肩こりに効く薬やサプリの多くは、

  • 関節痛(膝痛・腰痛・五十肩など)
  • 神経痛
  • 筋肉痛
  • 手足のしびれ
  • 眼精疲労
  • 便秘
  • 脚気

などの症状を改善するのにも、有効だそうです。

また、肉体疲労時や病中病後、産前産後の栄養補給として、利用することもできます。

肩こりと同時に、他の症状まで解消できるのはありがたいことですね。



肩こりに効く薬やサプリって、ホントに効くの?


筋肉の硬直・血行不良・関節の老化などが原因の肩こりに、効果が期待できるでしょう。

肩こりや肩周辺の痛みの多くは、

  • 筋肉の硬直
  • 血行不良
  • 関節の老化

などにより、引き起こされます。

肩こりに効く薬やサプリは、このような原因からくる症状に対して、効果が期待できるでしょう。

ただし、頭痛や吐き気、めまいなどの症状を伴った酷い肩こりの場合、高血圧や、内臓疾患、椎間板ヘルニアなどの、別の疾患が隠れている可能性があります。

強い痛みを感じたり症状が続くようでしたら、自己判断で済まさずに、医師の診断を受けてくださいね。



肩こりに効く薬やサプリって副作用はある?


医薬品は、少なからず副作用のリスクがあります。

肩こりに効く薬やサプリですが、サプリでしたら、栄養補給を目的とした食品となりますので、基本的に副作用はありません。

それに対して、医薬品には少なからず、副作用によるリスクがあります。

市販の薬は5つのタイプに分類されているのですが、この分類は、効き目の強さや効果の高さではなく、副作用や相互作用のリスクによって定められているそうです。

ですから、分類されるカテゴリーによって、想定される副作用の程度が分かるというわけです。

医薬品を購入する際には、どのカテゴリーに分類されているか、以下のリストを参考に、事前に確認してみてくださいね。

  • 要指導医薬品…一般用医薬品としてリスクが確立していない、または、毒性・劇性が強い医薬品
  • 第1類医薬品…特にリスクが高い医薬品
  • 指定第2類医薬品…第2類医薬品のうち、特に注意が必要な成分を含んだ医薬品
  • 第2類医薬品…リスクが中程度の医薬品
  • 第3類医薬品…リスクが低い医薬品



肩こりに効く薬やサプリって、妊娠中に飲んでもいいの?


妊娠中に使用できるものもあります。

体に目まぐるしい変化が起こる、マタニティ期。

妊娠中は、

  • 体型の変化
  • ホルモンバランスの変化
  • 運動不足
  • 精神的なストレスや不安

などから、筋肉が緊張したり、血流が滞りやすくなるため、肩こりが起こりやすいと言われています。

上記のランキングで取り上げた、肩こりに効く薬に関しては、副作用のリスクが低いといわれる第3類医薬品ですし、妊娠時の栄養補給に有効とされていますので、安心度は高いでしょう。

ただし第3類医薬品でも、絶対的な安全が保障されているわけではないので、妊娠中に薬を服用する場合、かかりつけの産婦人科医や薬剤師に相談してから、ご使用になることをおすすめします。

また、気をつけたいのが、市販の湿布薬や塗り薬。

湿布薬や塗り薬は、気軽にご使用される方も多いのですが、ボルタレンやインドメタシンといった成分が含まれているものもあります。

こういった成分は、母親の皮膚から吸収され、最終的にお腹の中の赤ちゃんにまで届くそうですので、注意してくださいね。

【実は効果ない!?】検討中の方は1度はチェックなさってください。
74332 view

\ SNSでシェアしよう! /

エクルエクルの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

エクルエクルの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 【リョウシンJV錠の口コミ】本当は効果ない!?

  • グルコンEX錠プラスの口コミ|全然、効果なし!?