1. TOP
  2. 美白になるサプリ、薬の口コミまとめました!【効果順ランキング】

美白になるサプリ、薬の口コミまとめました!【効果順ランキング】



ネットでよくみる美白になるサプリ、薬って

  • ホントにシミやそばかすが薄くなるの?
  • どんな成分が入っているの?
  • 飲み始めてからどのくらいで効果がでるの?
  • 妊娠中でも服用できるの?
  • どれを選べばいいの?

なんて気になりますよね。

ということで、このページでは

美白になるサプリ、薬の口コミや効果、おすすめランキング

について詳しくまとめました!

どこか参考になれば嬉しいです!




美白になるサプリ、薬おすすめ1位は「ホワイトピュア」



  • シミ・そばかすに飲んで効く医薬品
  • 「今あるシミ」と「これからできるシミ」にアプローチ
  • 美白成分L-システインを最大量の240mg配合
  • TV・雑誌等各種メディアで紹介
  • 定期購入限定・美白クリームプレゼント

おすすめの理由!
くすりの健康日本堂の「ホワイトピュア」は、シミやそばかすへの効果・効能が厚生労働省から認められた第三類医薬品です。

美白に有効なL-システインを最大量の240mgと、その効果をサポートするビタミンC(アスコルビン酸)・ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンEをバランスよく配合。

これらの有効成分が、相互に作用することによって、「今あるシミ」と「これからできるシミ」の両方に、カラダの内側からアプローチしてくれます。

しかも、ホワイトピュアは、手の甲・背中・首元など、カラダにできたシミやそばかすにも有効なんです。

1日2回服用するだけで、顔だけでなく、全身の美白までできるとは、嬉しいですよね。

今なら定期購入を予約すると、ランキングサイトで1位を獲得した「ホワイトピュア薬用美白クリーム」をプレゼントしてもらえます。

「今あるシミ」を薄くし「これからできるシミ」を予防してくれるホワイトピュアを、オトクなこの機会に、ぜひ試してみてください。

  • 今だけのキャンペーン:定期初回2900円(税抜)送料無料、2回目以降4930円(税抜)送料無料

shosai
kousiki



美白になるサプリ、薬おすすめ2位は「ロスミンローヤル」



  • 生薬を含む22種類の有効成分配合
  • シミだけでなく、小じわにも効く国内唯一の医薬品
  • 冷え性・肩こり・腰痛などの改善にも
  • 累計70万箱突破
  • 雑誌やネットなどでも話題沸騰

おすすめの理由!
雑誌やネットで話題の、美白になる薬といえば「ロスミンローヤル」でしょう。

ロスミンローヤルは、シミやそばかすだけでなく、小じわへの効能が認められた国内唯一の医薬品。 

L-システイン・DL-メチオニン・ビタミンC(アスコルビン酸)・ビタミンB群・ビタミンEなどの13種の有効成分と、ニンジン・シャクヤク・ローヤルゼリーなど9種の生薬成分が、できてしまったシミやそばかすを薄くし、小じわや肌荒れを改善してくれます。

また、生薬の血行を促進させる働きで、冷え性・肩こり・腰痛・のぼせ・めまいなど、女性特有の不調を緩和してくれるのも、ロスミンローヤルの人気の理由。

購入者の8割以上が利用している定期コースは、送料・手数料無料、回数縛りもなくいつでも変更・解約可能と、とてもおトクな内容になっています。

美白できるサプリや薬は、継続して飲むことで効果が期待できますから、この制度はありがたいですね。

  • 今だけのキャンペーン:定期初回限定1900円(税抜)+送料、2回目以降5800円(税抜)送料無料

shosai
kousiki



美白になるサプリ、薬おすすめ3位は「ハイチオールCプラス」



  • L-システイン&ビタミンC配合
  • シミ・そばかす・ニキビ対策に
  • 全身疲労や二日酔いにも
  • 発売から40年以上のロングセラーシリーズ

おすすめの理由!
「ハイチオールCプラス」は、大手製薬会社・エスエス製薬から販売されている、CMなどでもおなじみの、美白になる薬です。

L-システインとビタミンCの働きで、過剰なメラニンの発生を抑制・無色化し、シミやそばかすを薄くしてくれます。

また、酵素の働きを助け、エネルギーの産生をスムーズにする作用から、全身の疲れやだるさ、二日酔いにも効果を発揮してくれるそう。

有効成分は、L-システイン・ビタミンC(アスコルビン酸)・パントテン酸カルシウムの3種といたってシンプル。

ですが、大手ならではの安心感と信頼性で、発売から40年以上たった今も大人気のシリーズです。

ドラッグストアなどで気軽に購入できる美白薬をお探しなら、ハイチオールCプラスをおススメします。

  • 今だけのキャンペーン:180錠 4536円(税込)

shosai
kousiki



美白になるサプリ、薬おすすめ4位は「ミルセリンホワイト」



  • L-システイン・ビタミンCを配合した第3類医薬品
  • シミ・ソバカス・日焼け・かぶれ・ニキビ・湿疹などに
  • 小粒で飲みやすいフィルムコーティング錠タイプ
  • 1日3回の服用

おすすめの理由!
シミやソバカス、日焼けなどによる色素沈着はもちろん、ニキビや湿疹対策にも有効な美白になるサプリ、薬が、「ミルセリンホワイト」です。

主成分のL-システイン・ビタミンC(アスコルビン酸)は、シミやソバカスの素になるメラニン色素を抑制し、排出をサポートしてくれます。

また、同時配合のビタミンE・ビタミンB2・ビタミンB6には、肌のターンオーバーを高める働きがあります。

服用回数は1日3度と少し多めですが、小粒なので飲みやすいと思います。

  • 180錠 3317円(税込)

shosai
kousiki




美白になるサプリ、薬おすすめ5位は「アストリウム」



  • 富士フイルム社製ナノアスタキサンチンを配合
  • ブルディテクノロジー社製アルガトリウムを配合
  • アジア各国へ200万箱以上出荷
  • Sweet・STORY・美人百花など有名女性誌でも話題

おすすめの理由!
「アストリウム」は、大手化粧品メーカー・富士フイルム社製のアスタキサンチンを配合した、美白になるサプリ、薬です。

エイジングケアに有用なアスタキサンチンは、富士フイルム独自の技術によってナノ化されているので、浸透・吸収に優れているのが特長。

また、美白成分として、DHAやEPAを豊富に含んだスペイン・ブルディテクノロジー社製アルガトリウムを採用。

さらに、保湿成分の真珠末・ハリ弾力成分のシルクペプチド・スッキリ成分のブラジル酵素と、日本人の肌に合わせた成分がバランスよく配合されているので、美白のみならず、美容全般に効果が期待できそうですね。

  • 今だけのキャンペーン:定期初回4240円(税込)送料無料、2回目以降8500円(税込)送料無料

shosai
kousiki




美白になるサプリ、薬おすすめ6位は「キミエホワイト」



  • 富山常備薬グループ開発のシミ・ソバカスに効く第3類医薬品
  • 美白成分L-システインを50%増量
  • パテトテン酸カルシウムを新配合
  • 5000円以上購入で送料無料

おすすめの理由!
テレビ通販でもおなじみの富山常備薬グループが開発・販売する美白になるサプリ、薬が、「キミエホワイト」です。

ビタミンC(アスコルビン酸)に加え、L-システインを承認基準の最大量まで増量、肌の新陳代謝を促すパテトテン酸カルシウムを新配合、と、リニューアルで配合成分が強化されています。

また、糖衣錠からフィルムコーティング錠に仕様を変更することで、糖分をカット。

毎日飲むものだから、少しでもカロリーを抑えられるのは嬉しいですね。

  • 今だけのキャンペーン:初回単品購入1900円(税抜)+送料、2回目以降4200円(税抜)+送料

shosai
kousiki



私イチオシ美白になるサプリ、薬は人気急上昇中の「ホワイトピュア」



イチオシはやっぱり人気の「ホワイトピュア」

私イチオシの美白になるサプリ、薬は「ホワイトピュア」です!

なんだかんだ言っても、

  • 美白成分の配合量
  • 美白対策以外の効果・効能

などを総合すると、ダンゼンおすすめですね。

美白になるサプリや薬を選ぶうえで大事なのが、美白成分の配合量。

ホワイトピュアは、美白成分のなかでも、特に有効とされる

  • L-システインを240mg
  • ビタミンC(アスコルビン酸)を1000mg

配合しています。

この配合量は、他の美白できるサプリや薬に比べると、かなり多いものといえるでしょう。

また、ホワイトピュアは、シミやそばかすなどの美白対策以外に、

  • 日焼けやかぶれによる色素沈着
  • 歯茎や鼻からの出血
  • 肉体疲労時や妊娠・授乳期の栄養補給

などにも、効果があるそうです。

美白ケアと同時に、体のケアもしてくれるホワイトピュアで、内側からキレイになりたいですね。


今なら、回数縛りがなく、いつでも解約可能な定期購入の初回が

2900円で送料無料

なので、とりあえず一度試してみてはどうでしょうか?

shosai
kousiki



美白になるサプリや薬には、どんな成分が入っているの?


L‐システイン・ビタミンC(アスコルビン酸)が代表的な美白成分です。

美白になるサプリや薬に含まれている代表的な成分といえば、

  • L‐システイン…メラニン生成を抑制・排出する
  • ビタミンC(アスコルビン酸)…メラニン生成を抑制し、コラーゲンを生成する
  • ビタミンE…メラニンの沈着を抑制し、紫外線を防御する
  • トラネキサム酸…色素沈着やメラニン生成を抑制する

などが挙げられます。

ご覧の通り、以上の成分はどれも、メラニンの生成や排出に関わる働きがあります。

その他、ビタミンB2・ビタミンB6・アスタキサンチン・プラセンタエキス・リコピン・エラグ酸・ピクノジェノールなども、美白への効果が期待できる成分です。

なお、医薬品とサプリでは、配合されている成分や配合量に違いがあります。

期待する効果や飲みやすさ、副作用の有無、価格なども考慮し、ご自身にあったものをお選びくださいね。



美白になるサプリや薬って、どのくらい飲めば効果がでるの?


1~3カ月目くらいで、効果を実感できるようです。

美白になるサプリや薬の効果のあらわれ方は、症状・体質・体の状態などによって、個人差があります。

また、配合されている成分の違い、医薬品かサプリメントかといった点でも異なってきます。

そのなかで一つの目安になるのが、肌の生まれ変わるターンオーバーの周期。

ターンオーバーの周期は、年齢や環境などの要因によって異なりますが、早いサイクルの方で1カ月くらい、多くの方は2、3カ月目くらいから効果を感じることができるでしょう。

美白になるサプリや薬は、継続して飲むことで効果を実感できるのですね。



美白になるサプリや薬を飲むと、どうしてシミやそばかすが薄くなるの?


メラニンの生成を抑え、メラニンの排出を助ける成分が、配合されているからです。

シミ・そばかすができる主な原因は、紫外線です。

肌は紫外線を浴びることで、肌の基底層のメラノサイトが活性化し、メラニンを作り出します。

メラニンは刺激から皮膚を守ってくれる役割を持つ一方で、皮膚を黒くする特徴があります。

健康的な肌は、一定の周期で生まれ変わり、生成されたメラニンは、このターンオーバー時に排出されます。

ところが、ストレス・乾燥・ホルモンバランスの乱れなどによって、ターンオーバーのリズムが崩れると、メラニンは肌にとどまり、シミやそばかすとなってしまうのです。

さらに紫外線は、目に見えるシミだけでなく、肌の奥で隠れシミを作ってしまいます。

顔の表面に出ているシミだけでなく、隠れシミにまでアプローチするには、化粧品などで外側から補うだけでなく、体の中からケアする必要があります。

美白になるサプリや薬の多くは、

  • 「今あるシミ」を薄くする成分…肌の新陳代謝を促し、メラニンを排出する
  • 「これからできるシミ」を予防する成分…メラニンの生成を抑制する

を配合することで、「今あるシミ」と「これからできるシミ」の両方に、内側から働きかけてくれます。

医薬品の場合は、その効果効能が認められていますから、さらに高い効果が期待できますね。



美白になるサプリや薬を、飲み忘れた場合どうしたらよいの?


飲み忘れた分は、抜くようにしてください。

サプリを飲む場合、メーカーが推奨する目安量を、薬に関しては、定められた用法用量に従って服用することが大切です。

万が一飲み忘れた場合は、その服用分は抜くようにしてください。

なぜなら、1度に2回分以上服用してしまうと、一時的に成分の過剰摂取状態になり、副作用のリスクが高まるからです。

摂取量を過剰に増やしたからといって、効果が高まるわけではありません。

アラームをかける、カレンダーで管理するなど工夫して、飲み忘れのないよう習慣づけられるといいですね。



美白になるサプリや薬って、海外製のほうがいいの?


あまりおススメできません。

海外製の美白になるサプリや薬は、インターネットの通販サイトや個人輸入などで、簡単に手に入れることができます。

海外製のサプリや薬のなかには、良いものもあるでしょう。

例えば、病院に頼らず、市販のサプリや薬で健康管理をするのが一般的なアメリカでは、日本のものより有効成分の含有量が多く、効果が高いものが多いです。

ですが、効果が高いからといって、海外のサプリや薬がおススメか?といわれると、そうではありません。

なぜなら海外のサプリや薬には、体格差による過剰摂取のリスクや、日本で承認されていない成分が含まれているリスクなどがあるからです。

また、トラブルが起きても、対処しにくいという問題もあります。

こういったリスクを考えると、日本人にの体質を考えてつくられた、安全性の高い日本製のものをおススメします。



美白になるサプリや薬ってニキビ跡にも効果ある?


赤みタイプや色素沈着タイプのニキビ跡に有効なものがあります。

ニキビ跡は、
  • 炎症が肌の奥に残ってしまう(赤みタイプ)
  • 炎症を鎮めようとメラニンが過剰に作られてしまう(色素沈着タイプ)
  • 炎症によって皮膚の組織が破壊されてしまう(クレータータイプ)

などが主な原因となって起こります。

美白になるサプリや薬の多くは、肌のターンオーバーを正常化する働きや、メラニンを抑制・排出する働きを持つことから、赤みタイプや色素沈着タイプの茶色いニキビ跡に有効とされています。

湿疹やかぶれによる色素沈着にも同様の効果が期待できますから、肌の色ムラが気になる方は、よかったら試してみてくださいね。



美白になるサプリや薬って美白対策以外にも効果あるの?


倦怠感や二日酔、肩こりや腰痛などにも効果が期待できます。

美白になるサプリ、薬は、肌への対策としてだけでなく、
  • 倦怠感や二日酔
  • 肩こりや腰痛
  • 冷え性・冷感
  • 歯ぐきからの出血や鼻出血
  • 妊娠授乳期や病中病後の栄養補給

などにも、効果が期待できるものがあります。

もちろん、

  • 医薬品かサプリか
  • 配合成分や配合量

など、商品によって効果効能は異なりますので、事前にメーカーの公式サイトやパッケージなどで確認してみてください。

美白対策をしながら、プラスアルファのケアができるのは嬉しいですね。



美白になるサプリや薬を飲めば、肌のお手入れは必要ない?


外側からのケアも同時に行いましょう。

美白になるサプリや薬は、身体の内側からシミやソバカスにアプローチしてくれるもの。

美白になるサプリや薬を飲んでいるからといって、肌のお手入れを怠ってしまうと、せっかくの効果が半減してしまいます。

効果を十分に得るためには、

  • 紫外線対策を行う(日焼け止め・日傘・帽子・サングラス等)
  • 美白化粧品でお手入れする

など、外側からも同時にケアするといいでしょう。

特に紫外線対策は、未来のシミ予防にもつながりますから、必ず行うようにしてください。



美白になるサプリや薬に副作用はあるの?


医薬品の場合、少なからず副作用のリスクがあります。

サプリは食品であるため、基本的に副作用はありませんが、医薬品に分類されるものは、少なからず副作用のリスクがあります。

美白になる薬の場合、そのほとんどが第三類医薬品に属しています。

第三類医薬品は、市販の医薬品のなかでは最も副作用のリスクが低い種類とされているので、用法用量を守って服用すれば、過剰に心配する必要はありません。

リスクを最小限に留めるためにも、使用書の注意事項を確認してから使用するといいでしょう。



美白になるサプリや薬ってどれを選べばいいの?


自分の肌悩みやライフスタイルに合ったものを選びましょう。

シミやソバカス、くすみなどの肌トラブルは、多くの女性にとって悩みの種。

悩みの多さに比例するかのように、美白になるサプリや薬は、たくさんの商品が販売されているので、どれを選べばいいのか迷ってしまいますね。

全てにおいて満足できるものを選ぶのは難しいかもしれませんが、

  • 医薬品かサプリか
  • 配合成分や配合量
  • 用法用量
  • 価格

などの項目が、自分の肌悩みやライフスタイルに合っているか一つ一つチェックしていけば、ある程度、納得できるものを見つけられると思います。

購入の際には、よかったら参考にしてみてくださいね。


【実は効果ない!?】検討中の方は1度はチェックなさってください。
39859 view

\ SNSでシェアしよう! /

エクルエクルの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

エクルエクルの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ホワイピュアの口コミ|効果ない!?買ってみた!

  • ロスミンローヤルの口コミや評判|全然、効果なし!?