1. TOP
  2. 高反発マットレスの口コミまとめました!【おすすめランキング】

高反発マットレスの口コミまとめました!【おすすめランキング】



ネットでよくみる高反発マットレスって

  • 本当に腰痛が解消するの?
  • 正しい使い方って?
  • お手入れはどうやるの?
  • 持ち運びが大変なの?
  • 赤ちゃんが使っても大丈夫?

なんて気になりますよね。

ということで、このページでは

高反発マットレスの口コミや効果、おすすめランキング

について詳しくまとめました!

どこか参考になれば嬉しいです!




高反発マットレスおすすめ1位は「【マットレス】モットン」



  • 自分にピッタリのかたさが選べる
  • 8万回の耐久試験をクリアした耐久性
  • かたすぎず柔らかすぎない反発性
  • 最先端の構造による通気性の良さ
  • 90日返金保証付き

おすすめの理由!
テレビや雑誌、書籍でも人気の柔道整復師がおすすめしている高反発マットレスが、【マットレス】モットンです。

「このモットンで寝るようになってから腰痛が改善された」と、腰痛に悩まされていた方からの口コミも多く、腰痛の原因が寝具にもあるんだと、改めて知った方も少なくありません。

だからこそ、自分に合うかたさが選べて、寝ている姿勢をしっかりと支えてくれるモットンが、腰痛改善に役立ったのですね。

また、いくら寝ても寝起きがスッキリしないのは、自然な寝返りができていない可能性があるそうです。

NASA開発の注目素材が使用されているモットンは、体圧をベストバランスで分散させ、少ないエネルギーで寝返りをさせてくれるので、楽に寝返りができるようになる、との事。

モットンは、腰痛で悩んでいる方はもちろんですが、たくさん寝たのに疲れている、といった方にも、ぜひ使って欲しい高反発マットレスだと思います。

  • 今だけのキャンペーン:シングル39800円(税込)、ダブル59800円(税込)、送料無料、90日間返金保証

shosai
kousiki




高反発マットレスおすすめ2位は「雲のやすらぎプレミアム」



  • 17cmの極厚でフカフカの弾力を実現
  • 腰痛対策の高反発敷布団
  • 創業30年の老舗の布団工場が製造
  • 両面使えるリバーシブル仕様
  • 100日間返金保証

おすすめの理由!
まるで雲の上で寝ているようなフカフカが実感できる高反発マットレスが、「雲のやすらぎプレミアム」です。

厚さが17cmもあるボリュームにこだわっているので、ベッドでも床に置いても、快適な眠りを得る事ができそうです。

また、フカフカ感だけではなく、腰痛対策に必要な、体圧分散にも優れているうそうで、整体院の院長からの推薦もあるんです。

睡眠時に快適な温度と湿度を保つ秋冬面と、涼しく快適な睡眠ができる春夏面の、季節によって両方を使い分けられるリバーシブル仕様になっている点も、使う方からしてみると、便利で嬉しいですね。

フカフカが実感できる高反発マットレスを探しているのなら、雲のやすらぎプレミアムをどうぞ。

  • 今だけのキャンペーン:シングル39800円(税込)、ダブル59800円(税込)、送料無料、100日間返金保証

shosai
kousiki




高反発マットレスおすすめ3位は「13層やすらぎマットレス」



  • 13層構造で脅威の厚さ27cm
  • 独自の3Dスプリング高反発構造で腰の負担を軽減
  • 6.5インチのプレミアム高反発コイル採用で、空に浮かぶような寝心地
  • 60日間返金保証

おすすめの理由!
大ボリュームの厚さ27cmで、しっかり寝姿勢を保ってくれる高反発マットレスが、「13層やすらぎマットレス」です。

片面20mmずつ、合計40mmのクラウドMAXウレタンを採用した事によって、理想の反発力と抜群の通気性のあるマットレスになっているようです。

また、両サイドに4つの通気口が装備されていて、分厚いマットレスの内部でも、常に清潔に保たれるそう。

これなら、干すのが大変なマットレスでも、カビやダニの心配がありませんよね。

防ダニ、抗菌、防臭が徹底されている13層やすらぎマットレスだから、アレルギーがあっても安心して使える、高反発マットレスだと思います。

  • 今だけのキャンペーン:98000円(税込)、送料無料、搬入設備費無料

shosai
kousiki



高反発マットレスおすすめ4位は「【マットレス】エアウィーヴ」



  • プロアスリートも愛用の実力派
  • 復元性が高く体重を分散し、腰や肩の負担DOWN
  • 3年保証、お試し期間あり

おすすめの理由!
オリンピック出場選手やプロアスリートも愛用しているという実績のある高反発マットレスが「【マットレス】エアウィーヴ」です。

特殊素材のairfiberは復元性が高く、適度な反発力で寝返りをサポートしてくれるため、腰痛や肩こりに悩んでいる方にもオススメです。

また、1年を通して使いやすく、水洗いも出来るので清潔な状態を維持できるのも嬉しいポイント。

サイズや分厚さなどの種類が豊富で、マットレスタイプだけでなくパッドタイプも売られているので、予算と元の寝具に合わせた検討が可能でしょう。

高い効果が期待できますが、やや価格が高いところが玉にキズかもしれません。

  • 今だけのキャンペーン:シングルマットレス216000円(税込)

shosai
kousiki



高反発マットレスおすすめ5位は「【マットレス】マニフレックス」



  • 独自素材「エリオセル」が理想的な睡眠姿勢をサポート
  • 硬めの反発で寝返りが楽に
  • 安心の12年保証

おすすめの理由!
イタリア製メーカーとして、世界中から愛用されているのが「【マットレス】マニフレックス」です。

マットレス内にはスプリングを用いず、独自素材「エリオセル」が適度な反発力で睡眠姿勢をサポートしてくれるので、腰痛の軽減に効果が期待できるでしょう。

ポリウレタンのような素材ですが空気孔があり、通気性も抜群でカビも生えにくいです。

海外製メーカーなのも相まって比較的硬めの寝心地のため、体重が軽い女性などは柔らかい素材のエリオセル・ソフトが使われた製品のほうがいいかもれません。

  • 今だけのキャンペーン:シングルマットレス36300円(税別)

shosai
kousiki



高反発マットレスおすすめ6位は「東京西川マットレスair」



  • プロスポーツ選手も愛用
  • 点で支えて体圧を分散
  • グッドデザイン賞受賞

おすすめの理由!
「東京西川マットレスair」は、各国のグッドデザイン賞を総なめで受賞した、スタイリッシュなデザインと機能性の高さを両立したマットレスです。

一般的にマットレスはフラットな表面をしているのですが、こちらは約1860個にも及ぶ凹凸を施し、あらゆる姿勢を点で支えることで、体圧を分散してくれます。

さらに、凹凸があることで通気性が確保され、汗が蒸発しやすく、干す必要がありません。

プロのスポーツ選手も多数愛用している実力のあるマットレスですが、その他のメーカーのように公式サイトで通販出来ないところがマイナスかもしれませんね。

  • 今だけのキャンペーン:シングルマットレス57000円(税別)

shosai
kousiki



高反発マットレス比較表

商品名 価格値段(税込) 注目素材 サイズ
モットン 39,800円 ウレタン シングル
雲のやすらぎプレミアム 39,800円 ウレタン シングル
13層やすらぎマットレス 98,000円 クラウドMAXウレタン シングル
エアウィーヴ 216,000円 airfiber シングル
マニフレックス 39,204円 エリオセル シングル
東京西川マットレスair 61,560円 Somnifoam シングル



私イチオシ高反発マットレスは人気急上昇中の【マットレス】モットン



イチオシはやっぱり人気の【マットレス】モットン

私イチオシの高反発マットレスは、【マットレス】モットンです!

なんだかんだ言っても、

  • 腰痛対策
  • 値段

などを総合すると、ダンゼンおすすめですね。

日本人の4人に1人が腰痛に悩んでいる、とも言われているくらい、腰痛の悩みを抱えている方は多いそうです。

その腰痛のひとつの原因となっているのが、眠っている時の姿勢なんですよね。

【マットレス】モットンは、日本人の体型にピッタリ合うように計算されて作られていますが、それと同時に、マットレスの弾力性にも注目しています。

マットレスの弾力性は、柔らかすぎても、かたすぎても、寝ている姿勢が悪くなり、どうしても腰に負担が掛かってしまうそうです。

そこで、【マットレス】モットンでは使う方の体重によって、マットレスのかたさが自由に選べるようになっているんです。

だから、楽に寝返りがうてるようになって、腰痛も徐々に改善されていくそう。

ちなみに、測定した結果、体重が45キロ以下の方は100Nが、46~80キロの方は140Nが、81キロ以上の方は170Nがおすすめ、との事。

これなら、自分にピッタリな弾力のマットレスが選べますよね。

また、使ってみて自分には合わないな、と感じたら

90日間返金保証が利用できます

ので、腰痛に悩んでいる方は、是非試してみてください。

shosai
kousiki




高反発マットレスを使うメリットって何?


腰痛の改善や肩こり対策になります。

高反発マットレスの特徴は、適度な弾力性にあります。

柔らかいマットレスは確かに気持ちがいいのですが、その分横になった時に身体が沈んでしまい、不自然な姿勢のまま寝ている事になります。

その点、適度な弾力性のある高反発マットレスの場合、横になっても沈み込む事がなく、真っ直ぐな姿勢のまま眠る事ができるのです。

また、寝返りの際にも、余計な力を入れる事なく、自然に寝返りをする事ができます。

この事が、腰痛の改善や肩こり対策に繋がるのです。

他にも、高反発マットレスを使うメリットとしては、

  • 通気性に優れている
  • ダニ対策がきちんとされている
  • 体圧が分散される
  • 耐久性がある

といった事が挙げられます。

他のマットレスと比べると、多少値段は高いかもしれませんが、それだけ耐久性もあります。

腰痛対策といった事を考えても、高反発マットレスはお買い得なマットレスと言えるでしょう。



高反発マットレスの正しい使い方って?


布団と一緒に使う場合は、敷き布団の上に敷きます。

高反発マットレスは適度な厚みがある為、ベッドで使っても、布団と組み合わせても、また床に直接敷いても使用する事ができます。

ただ、その際に注意しなければならないのは、ベッドで使う場合はベッドマットレスの上に、布団で使う場合は敷き布団の上に敷いて使用してください。

また、ベッドマットレスが古くヘタっている場合には、下が平面な状態にならない為、ベッドマットレスを処分して、直接高反発マットレスを置くことをおすすめします。

どちらにしても、高反発マットレスの下が平面な状態になっていないと、横になった時に身体が正しい姿勢になれません。

すると、せっかくの高反発マットレスの腰痛改善効果もなくなってしまいますので、注意してくださいね。



高反発マットレスのお手入れはどうやるの?


2週間に1回程度は、陰干しを。

高反発マットレスは通気性に優れている為、カビやダニは発生しにくくなっています。

けれど、やはり毎日使用する訳ですから、どうしても寝汗が気になりますよね。

成人の場合、一晩でコップ1杯ほどの寝汗をかいている、とも言われていますので、最低でも2週間に1回程度は、陰干しをしたいものです。

ただ、高反発マットレスは厚みがある為、干すのも大変でしょう。

部屋の風通しのいい場所に立てかけておくだけでも、乾燥の効果が期待できますので、やってみてください。

頻繁に洗う事ができませんので、シーツやパットを上手に利用する事も大切です。

また、耐久性のある高反発マットレスですが、ずっと同じ場所で寝ていると、その部分だけがどうしても早くヘタってしまいます。

3ヶ月程度寝たら、今度は上下を逆にして寝る、といった事も行うと、高反発マットレスの効果が持続しますよ。



高反発マットレスって持ち運びが大変なの?


持ち運びに便利な、三つ折りタイプのものもあります。

高反発マットレスと聞くと、厚みがあり、重くて大変、といったイメージがあると思います。

けれど、実際には1枚タイプの他にも、二つ折りや三つ折りができるタイプの高反発マットレスもあり、持ち運びや収納に便利になっています。

また、厚みがあまりないタイプのものは、重量も軽くなっていますので、女性でも簡単に持ち運べると思います。

高反発マットレスと言っても、厚みや重量、またサイズもいろいろです。

探してみると、きっと自分にピッタリな高反発マットレスを見つける事ができますよ。



高反発マットレスは赤ちゃんが使っても大丈夫?


赤ちゃんでも安心して使う事ができます。

赤ちゃん用のマットレスを見てみると、かたさがかたくなっているのが多い事に気づくでしょう。

それは、赤ちゃんが寝ている間にマットに沈み込んで、窒息するのを防ぐ為です。

この事からも、適度な弾力性があり、かための高反発マットレスが赤ちゃんにも向いている事が分かると思います。

余計な沈み込みがない為、高反発マットレスは赤ちゃんにもピッタリなのです。

普段から赤ちゃんと同じベッドで寝ている、といった方でも、安心して高反発マットレスを使う事ができますよ。

【実は効果ない!?】検討中の方は1度はチェックなさってください。
32725 view


三つ折りの高反発マットレスってどうなの?


メリットとデメリットがあります。

高反発マットレスには、一つのメーカーの中でもパッドタイプのものやマットレスタイプのもの、厚さが異なるものなど、幾つかの種類が展開されているケースが多いです。

中でも最近は、三つ折りのタイプや五つ折りタイプのものが見られるようになりました。

こうしたコンパクトタイプの低反発マットレスは、小さく畳めて収納しやすく、陰干しなどの際に持ち運びが楽だというメリットがある一方で、

  • 折れ目部分の耐久性が弱い
  • 比較的薄い
  • 体圧の分散が均等になりにくい

などのデメリットもあります。

特に、想像してみると分かると思うのですが、折り目の部分に体重がかかると沈み込みやすくなってしまうんです。

もちろん、製品によってはこうしたデメリットを克服した物もありますから、公式サイトなどを確認して、納得した上で検討してみてください。




高反発マットレスって熱がこもりやすい?


素材によっては暑くなることも。

高反発マットレスは、柔らかく弾力のあるウレタン素材が使われている物が多いです。

ウレタンは気密性が高く、冬場は保温性が高くなって温かいのですが、夏場は熱気が逃げにくいというデメリットがあります。

ただ、最近の高反発マットレスはウレタンに通気口を開けて熱気を逃しやすい作りになっているものもありますし、ウレタン以外の素材で作られた高反発マットレスもあるので、暑さに弱い方はこちらを選ぶと良いでしょう。

また、どうしても我慢できない時は、高反発マットレスの上に冷感マットやシーツを敷くと、寝やすくなると思います。




高齢者に高反発マットレスは使っていいの?


高齢者にもオススメです。

以前は高齢者用のマットレスとして、柔らかくふわりとした触感の低反発マットレスの人気が高かったです。

ただ、柔らかさのあまり寝返りが打ちにくいというデメリットもありました。

その一方、高反発マットレスは適度な弾性があるため、筋力が落ちた高齢者でも楽に寝返りを打てるようになります。

また、どのような姿勢でも体を支え、理想的な睡眠姿勢を維持してくれるので、睡眠の質が落ちやすい高齢者にもオススメです。



高反発マットレスでうつ伏せ寝してもいいの?


あまりオススメできません。

あらゆる睡眠姿勢サポートしてくれる高反発マットレスですが、うつ伏せ寝にはあまり向いていません。

それというのも、適度な反発力があるので、下になる顔や体の間に挟まれる手などに圧力がかかり、血流の悪化を招いてしまうわけですね。

また、腰部分が反ってしまうため、逆に負担がかかります。

寝返りを打つなどで、一時的にうつ伏せになるならともかく、絶対にうつ伏せでないと寝られないというような方は、高反発マットレスは向いていないかもしれません。

そもそも、うつ伏せ寝は不自然な姿勢であり、寝方としてはオススメできない姿勢です。

熟睡感の無さや寝ているのに疲れが取れない、という場合は、これを期に仰向け姿勢で寝ることを癖付けられてはいかがでしょうか?



高反発マットレスってどれくらい長持ちするの?


5年程度と言われています。

人間は、誰でも毎日6~7時間程度は眠っているわけですから、その間、体を支えてくれている寝具にかかる負担も大きくなります。

比較的耐久性が高いと言われている高反発マットレスでも、平均すると5年程度で徐々に劣化し始めるようです。

高反発マットレスの劣化は、表面に凹みがあるかどうかで判断できます。

同じ部分にだけ圧力がかかると、どうしても凹みが生じ、十分な姿勢維持が出来なくなったり、寝返りが打ちにくくなります。

ですから、定期的に上下を入れ替えたり裏面を使うなどして、圧力がかかる部分を変えるようにしましょう。

また、多少値は張りますが、10年を超えた保証がついている高反発マットレスもありますから、こういったものを購入するのも良いでしょう。

【実は効果ない!?】検討中の方は1度はチェックなさってください。
32725 view

\ SNSでシェアしよう! /

エクルエクルの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

エクルエクルの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 雲のやすらぎプレミアムの口コミ|ほんとに効果ある?