1. TOP
  2. 神経痛に効く薬やサプリ【口コミ、効果順のランキングまとめました】

神経痛に効く薬やサプリ【口コミ、効果順のランキングまとめました】



ネットでよくみる神経痛に効く薬やサプリって

  • ひどい痛みにも効く?
  • どんな成分がいいの?
  • 副作用はない?
  • どれを選んだら良いの?
  • 他の薬との併用はOK?

なんて気になりますよね。

ということで、このページでは

神経痛に効く薬やサプリの口コミや効果、おすすめランキング

について詳しくまとめました!

どこか参考になれば嬉しいです!




神経痛に効く薬やサプリおすすめ1位は「リョウシンJV錠」



  • 6つの医薬品有効成分配合
  • 1日1回2~3錠服用
  • 関節痛、五十肩、筋肉痛、眼精疲労も緩和
  • 体力低下時、肉体疲労時、妊娠・授乳期の栄養補給にも
  • 富山常備薬グループの第3類医薬品
  • 定期コースの縛りなしで初回限定価格

おすすめの理由!
富山常備薬グループの第3類医薬品で、医薬品有効成分を6種類配合しています。

まずシアノコバラミン、ピリドキシン塩酸塩、ガンマ-オリザノールが関節や神経の痛みを和らげます。

その他にトコフェロール酢酸エステルが血流を改善し、フルスルチアミン塩酸塩、パントテン酸カルシウムが栄養を補給する働きをします。

服用は1日1回(2~3錠)だけで良いので、朝食後など自分でルーティーンを決めてしまえば飲み続けやすいです。

さらに有効成分の働きにより、神経痛や関節痛の緩和以外にも五十肩、筋肉痛、眼精疲労の緩和、疲労が溜まったときや妊娠・授乳期の栄養補給にも効果があります。

定期コースを設けていないので、気軽に初回限定価格で試してみることができます。

  • 今だけのキャンペーン:初回限定1900円(税抜)、2回目以降3800円(税抜)

shosai
kousiki




神経痛に効く薬やサプリおすすめ2位は「ラークセブン」



  • 7つの医薬品有効成分配合
  • ナイアシン新配合
  • 1日1回2~3錠服用
  • 疲れ、筋肉痛、腰痛、肩こり、眼精疲労も緩和
  • 日本薬師堂の第3類医薬品

おすすめの理由!
医薬品有効成分を7つ配合した、日本薬師堂の第3類医薬品です。

代謝を促進するビタミンB1誘導体、活性型ビタミンB6、パントテン酸カルシウムに、血行を良くする天然型ビタミンE、ナイアシン(新配合)、神経に作用するビタミンB12、ガンマ-オリザノールを配合。

これらの有効成分は神経痛や関節痛以外にも効果があり、筋肉痛や眼精疲労など疲れからくる症状も緩和してくれます。

2~3錠を1日1回好きなタイミングで服用すれば良いので、お昼に外出先へ持参する必要がなく便利です。

  • 今だけのキャンペーン:毎月お届けの定期初回1490円(税込)、2回目以降3780円(税込)

shosai
kousiki



神経痛に効く薬やサプリおすすめ3位は「グルコンEX錠プラス」



  • 軟骨・椎間板の成分コンドロイチン配合
  • ビタミンB1、ビタミンB6が新陳代謝を促進
  • ビタミンEが血流を改善
  • 日本薬師堂の第3類医薬品

おすすめの理由!
軟骨成分のコンドロイチンやビタミンなど4つの有効成分を配合した、日本薬師堂の第3類医薬品です。

骨と神経を支えるクッションの役割をする軟骨・椎間板の働きをコンドロイチンが補い、痛みを緩和します。

新陳代謝を促進するビタミンB1、ビタミンB6、血流を改善するビタミンEも配合し、症状の緩和をサポートします。

神経痛や関節痛のほか、手足のしびれや便秘、眼精疲労の緩和にも効果があります。

  • 今だけのキャンペーン:毎月お届けの定期初回3580円(税込)、2回目以降6458円(税込)

shosai
kousiki




私イチオシ神経痛に効く薬やサプリは人気急上昇中の「リョウシンJV錠」



イチオシはやっぱり人気の「リョウシンJV錠」

私イチオシの神経痛に効く薬やサプリは「リョウシンJV錠」です!

なんだかんだ言っても、

  • 配合成分
  • 定期縛りなし
  • コスパ

などを総合すると、ダンゼンおすすめですね。

神経の痛みを緩和する成分、血流を改善する成分、栄養を補う成分をバランスよく6種類配合し、多角的に神経痛へアプローチしています。

初回価格がお値打ちな商品には2回目以降の購入を約束する定期縛りがある場合が多いですが、こちらは1回だけでも初回価格で購入できます。

神経痛のお薬の中では比較的低価格ですし、1日1回の服用で良いので続けやすいのも嬉しいです。


今なら、

初回限定で1900円(税抜)

なので、とりあえず一度試してみてはどうでしょうか?

shosai
kousiki




神経痛の薬はいつ飲んだらいいの?


基本は用法どおりに、指示がなければ食後がおすすめです。

神経痛を和らげる薬は商品ごとに用法・用量が異なりますが、説明書きにタイミングの指示があれば従って服用してください。

特に服用のタイミングについて記載のない医薬品や、健康食品であるサプリを飲む場合は、基本的に好きなときに飲んでOKです。

ただ指示がない場合でも以下の理由から、食後の服用をおすすめします。

  • 胃が弱っているときも安心
  • 決まった時間で飲み忘れ防止
  • 1日に複数回服用する場合、間隔をあけられる
  • 飲むときの水を用意しやすい

神経痛のお薬は続けて飲むとより効果的なので、無理なく続けられる環境を整えられると良いですね。



神経痛の薬に即効性はある?


根本から症状改善を目指す薬は、じっくりと効いていきます。

突発的な激痛を緩和する鎮痛剤などの薬と比較すると、そこまでの即効性はありません。

しかし鎮痛剤は一時的に使用するものであり、常用するには刺激が強すぎます。

今回ご紹介したような神経痛を緩和する医薬品は、神経痛が起こるサイクルにも着目し、根本的な症状改善を目指しています。

日常生活に支障をきたすほどの痛みは医師に相談し、慢性的な痛みは副作用の低い安全な薬で緩和していくと良いでしょう。



神経痛の飲み薬と塗り薬や湿布との効果の違いは?


内服薬は身体の内側から効き、外用薬は皮膚から浸透していきます。

神経痛を和らげる飲み薬も塗り薬・貼り薬もそれぞれ効果がありますが、飲み薬は身体の内側から、外用薬は外側からアプローチをします。

飲み薬には以下のメリットがあります。

  • 身体の内側から働きかけて、体質を改善していく
  • 貼れない・塗れない場所に効果がある
  • かぶれ・匂い・剥がれが気にならない
  • 全身に効果が出る

一方の塗り薬・貼り薬のメリットも以下に挙げます。

  • 胃に負担がかからない
  • 患部を集中的にケアできる
  • 眠くならない

体質を改善していきたい場合は内服薬、一時的にピンポイントで痛みを緩和したい場合は外用薬、時によってはその両方など、ケースに合わせて選んでいきましょう。



他の薬やサプリと一緒に飲んでも大丈夫?


事前に医師や薬剤師に相談しましょう。

常用している薬がある場合や一時的に他の薬を飲む必要がある場合は、事前に飲みあわせを確認をする必要があります。

医療機関から処方された薬であれば医師に、ドラッグストアで購入した医薬品であれば薬剤師や登録販売者に確認しましょう。

サプリは医薬品ではなく健康食品なので、基本的に飲み合わせに問題はありません。

しかしサプリと医薬品とで成分が重複している場合(過剰摂取になる場合)もあるので、医師や薬剤師に確認できると安心です。



神経痛の薬に副作用はある?


第3類医薬品だとリスクは低めですが、副作用が出る可能性があります。

鎮痛剤と違って神経痛を根本的に改善していく「第3類医薬品」は、処方薬や第1・2類に分類された医薬品と比較して、副作用のリスクは低いです。

しかし体質や体調によって、以下の症状が出る場合があります。

  • 発疹・発赤、かゆみ
  • 吐き気
  • 頭痛
  • 下痢

このような症状が出た場合は使用を中止して、医師や薬剤師に相談をしてください。

また他の薬やサプリを飲んでいる方も飲み合わせによって症状が出る場合があるので、注意が必要です。

【実は効果ない!?】検討中の方は1度はチェックなさってください。
56327 view

\ SNSでシェアしよう! /

エクルエクルの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

エクルエクルの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • グルコンEX錠プラスの口コミ|全然、効果なし!?